fc2ブログ


20thスクラッチ「再戦!ウインドvsストーム」

次の日、天下一DJ大会の3回戦を無事終え、準決勝、残ったのは
【Aブロック】DJストーム vs 【Bブロック】DJウインド
【Cブロック】DJサモ・ハン・ポンキー vs 【Dブロック】DJ KAGE
という組み合わせだった。

そして更に一夜が明けた。

きっちょむ「64名のDJが参加し、ヒップホップ、パンク、エレクトロ、テクノ、ハウス、ディスコ、RAVE、ハードコア、ファンコット、JAZZ、JUKE、ジャングル、ドラムンベース、ブレイクコア、ガバ、ハードダンス、アニソン、ゲットーテック、ゴム(Gqom)、
その他あらゆるスタイルのDJ達が腕を競ったダンスミュージックトーナメントォォォ!!
その長き戦いもいよいよ準決勝です!みんな、ここがニューヨークだ!
いざ、パーティ、GO!!」


ブースの中で目を閉じ、腕を組み精神統一して待つストーム。

風を感じ、目を見開くストーム。

その正面には天使のように神々しく降りてくるウインドの姿が。

「ストーム君。どれほど君と会えるのを待ちわびたことか。行くぞッ!!!」

ウインドは空中にDJブースごと浮遊させ、さらに、両脇のスピーカーまでも浮かせる。


プリティ「スピーカーも空中に!音が降ってくるようだわ!」
メガネ「クソッ!ウインドめ!」


その時メガネの顔に隣の男の腕がぶつかり、メガネにヒビが入る。

男はアクビをしている。
「フフン…ウインドにストームめ。さしづめ因縁の対決と言ったところか」

メ「おじさん、人の眼鏡を傷つけておいて謝らないなんて、それはないんじゃないの!」
プ「…!!!メガネちゃん、その人、いえその男は…アンダーワールドの首領、盤 勇太郎よ!!」

盤「ッ粉!!!!」盤の気合により、両耳につけていた客席用モニターヘッドフォンが吹き飛ぶ。

 -地上最強のDJ-
-アンダーワールド首領-
  -盤 勇太郎-

上半身裸の盤の背中の筋肉は「DJ」と読めるように鍛えられている。

盤に気づくストームとウインド。

ストーム(汗をかき)
「まさか、来ていたとはな!盤…!探す手間が省けたぜ!」

ウインド「その前に、目の前の敵を忘れていないか!
Balearic Viento ~Euros~!!(バレアリック、ビエント ~エウロス~)」
!」

ストームブースに吹く強風が。それと共にプログレッシヴハウスが流れ込んでくる。




ス「ウインドの腕にはすまねぇ事をしちまったが、おいらにも負けられない理由がある!」それにその技はもう効かないぜ!
歯でレコードを抑えるストーム。
曲は「MUSICARUS - Manic Heat」


メガネ「どっちも凄い、人間の領域を超えている!」
UFO「ウインドはメガネ戦と同じプログレッシヴハウスセット、一方ストームは、ターボファンクか!」



ウ「そして、北風~Boreas~(ボレアース)よ我に力を!必殺!Boreas Electro Energy(ボレアース エレクトロ  エナジー)!!!、音圧を操作できる。この意味がわかるか?」

ウインドのブースでは音圧が増し、音が大き目に聴こえる。

客「ウインドの方は爽やかな風のようなプログレッシブハウス。ストームの方はターボファンク。
2人とも心地いい音だ…!」

ストーム「準決勝の客は疲れてる!爽やかな音で様子見だ…!」

プリティ「今の所どちらも引かず…ってところね!

ウインド「行け!ホーク君!!」
空に飛び立つホーク君。その両羽からはウインドのステージに両幕が広がり、VJが映し出される。

更にはウインドの方面にはレーザーとスモークが。

プリティ「今までDMTにはVJがいなかった…ウインドの完全にフェスを意識したDJ。一方、ストームの方は一見地味…これはピンチだわ!」


目を閉じ、センニンからもらった伝説のレコードをブースに置くストーム。音は無音のままだ。

ウインド「ストーム君!諦めたらそこでパーティ終了だぞ…!ライバルとして!君をっ!見損なったよ!」

客「出っ歯ストームの兄ちゃん、曲を止めちまったぜ!」

ス「ロサンジンから学んだ「間」。そしてこの伝説のレコード、何故か何度再生しても無音だった。
だが、今の俺には使い方がわかる!見ろ!聴け!」伝説のレコードがコズミックスクラッチで輝いていく!

「れこれこー!」

動き出すレコード。そしてそこからは徐々に曲が流れ始める!
レコードに手と足、顔が出現する!「れこ、れこれこー!」
れこれこ君


流れだした曲は「STRIKE - INSPILATION」ストームのブース上には波形がオーロラのように光って見える。



ウインド「これは…!!!」

盤「あのレコード…まさかセンニンの…!」

ス「このれこれこ君、本人が望むままに好きなレコードに変化してくれる。どんな環境でも対応できる素晴らしいレコード生物だったんだ!
現代の技術では信じられないが、流石伝説のレコードだぜ!」

客「ストームのブースからも光が!ちょっと行って見ようぜ!」

メガネ「ターボファンクから少しずつBPMを上げ、さりげない繋ぎの歌モノ哀愁トラック。そしてあの輝かしい光!」

きっちょむ「おーっと!ウインド、メガネ戦と同様に髪が怒髪天を突き、おでこにはWの文字が!」
「ストームめぇぇ!」

どんどんエキサイトするウインドの音源。

客「Boreas Electro Energy(ボレアース エレクトロ  エナジー)がどんどん激しくなっていく。これは人間の耳にはきつめの音圧だぜ!」

プリティ「ウインド!興奮しすぎて自分がセーブできなくなっているんだわ!」

メガネ「ストームさんは落ち着いた展開からのキメトラック。疲れとストームさんの光であっちにお客さんが流れている!」

U「ウインドはハードダンスにまでBPMが上がっちまった!俺好みだがな!」

光を放ち、空に飛び上がるれこれこ君「れこれこー!!!!」

ストームは最後の決めのトラックにかかる。
「行け!雨&雷のコンボスクラッチ!レイン&サンダー!!」


Jephte Guillaume Presents... Jean Claude Lamarre - Rhythm Of The Rain (Vokal Rain)

客「雨だ…!俺達の熱くなった体を癒してくれる…ドーム内なのに…あのれこれこ君とやらが降らしてくれているのか…?
メガネ「凄い!」かち割れる眼鏡。

ウインド「ストームのブース、ま、眩しい!目が、目が潰れそうだ!
あの空に浮かぶレコード生物がまるでミラーボールのようにこちらに向けて光を反射している!」

ストームに向けて盛り上がる客達!

きっちょむ「時間一杯!ウインド、400、ストーム、600!接戦ながらもDJストームの勝利です!」


空から傷だらけになりながらも戻ってくるホーク君
ウインド「ホーク君、、1から出直しだ・・・!」


いつの間にか客席の1番上に行って見ていた盤。
「ウインド…またしても敗れたか!イビザ支部は剥奪だ!しかしストームのあのレコード…。」

ストームの勝利!決勝戦へ!

--------------------------------
-20thスクラッチ 用語解説-

・ターボファンクとは?

ターボファンクっていうのは旧来ベースラインファンクと呼ばれていて、フィジェットなどのUKベースラインミュージックと60年代のファンククラシックスのビート感、音の当て方を複合させたミュージックです。ということなんですが実際のところはいろんな要素が絡んでいるので一概にこれだけとは言い難いです、ディスコハウスやインディー・ロックの方からもアプローチがあり、これからもっと広がりを見せるであろうジャンルだと思います。(askfmのMusicarus氏の回答より

スポンサーサイト



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

2020.08.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 20th スクラッチ Twitterでつぶやく


19th「UW!それぞれの戦い」



きっちょむが叫ぶ。
「メガネ君、残念でした!DJウインドの勝利!
そして三回戦、Cブロック次の試合は1000人の票を勝ち取った注目のDJ、ポンキーと、スクラッチに定評のあるDJグレイズです!」
その次、DブロックはDJ KAGE vs プリティ!」

観客席にて、アンダーワールドの基地にいた筋骨隆々の人物が問いかける。
「ポンキー、奴の情報はまだ集まらんか…どうにも気になる」
KAGEが答える。
「ハッ。他大会、パーティの出場履歴を調べたのですが、全く履歴がなく、誰かの変名かもしれません…」

「そうか…奴のDJスタイル。一戦事に全くスタイルを変えている。引き続き調査に当たれ。」

「承知しました!」


Cブロックの準備が整ったようだ。
「それでは、DJ、サモハン・ポンキー vs DJグレイズ、パーティ、ゴー!!」

アゴヒゲをなでながら、ポンキーが呟く。
「2回戦はちとやりすぎてしまったのう…30分ぐらい休むとするか…」

試合が始まるがポンキーのブースは無音だ。

「ポンキー氏、無音!音を流しません!寝転がりながらお茶を飲んでいます!一対どういう事でしょう!」
きっちょむの声にも応えないポンキー。

サングラスをかけ、キャップをかぶった相手のグレイズが叫ぶ。
「ふざけやがって!見ていろ!バトル系の世界チャンピオン三連覇の俺を舐めるなよ!」

きっちょむが再び叫ぶ。
「当然ですが、お客さんは皆グレイズに集まっていきます!」

…そして30分後:グレイズが大盛り上がりしている。

ポンキーがようやく立ち上がり、PCを2台設置し、配線していく。
「そろそろやりますか」

グレイズが一瞥し、
「今更…流れは完全にこっちだ!」


きっちょむがポンキーを見て驚く。
「あ、あれは…!ポンキー氏、PC二台でそれぞれなんとジャグリングを始めました!
一台のPC内では音の同意はできても、2台は同期できません!しかもMIDIコントローラーも使わずにマウスで行っています!こんな事が人間に可能なのでしょうか!?」

観客がポンキーの元に集まる。
「すげぇ!ポンキーすげぇぜ!」

グレイズが呆然と呟く。
「な、なんだあれは!あのテクは!見たこともねぇ!一種のPCDJに対する挑戦とも言える!」
1時間経ち、試合が終わる。

きっちょむが叫ぶ。
「な、なんと今回もポンキー氏が1000vs0!!完全勝利です!」

メガネが動転している。
「これが、世界…あのパッとしないおじさんが…!」

プリティ
「驚いている暇はないわ、次は私、相手はKAGE、行ってくるわ!」

ストームが叫ぶ。
「プリティ、全力で行けよ!」

UFOも叫ぶ。
「金が足りない時は言えよ!」

きっちょむ
「凄い試合でした!しかし驚いてる暇はありません!次はDブロックでのDJ KAGE VS DJプリティ!それでは、パーティ、ゴー!」

KAGE
「黒煙摩擦!!!」
暗い靄がKAGEのブースから広がる!

DJ Krush - Kemuri


ストームが言う。
「ドープかつテクニカルなスクラッチ!俺がやられた技だ!」
UFOが驚く。
「レコードを擦る早さから煙が出てるぞ!」

プリティ
「私だって!歌うわ!」

ARETHA FRANKLIN - BABY, BABY, BABY



きっちょむ
「今日はプリティ、R&Bセットか!ディーバ能力がふんだんに発揮されています!両者引けを取りません!」

仮面の隙間からKAGEの目が光る。
「フフン。ジャマイカ支部代表ごときが私に勝てるとでも思ったか!」

手を組み人差し指を立て、分身するKAGE。その数はブースごと分裂し、なんと4人のKAGEが!

そしてそれぞれのブースから違うトラックが流れる。が、4曲がそれぞれのハーモニーで1曲のように聴こえる。

観客席の男が驚く。
「す、凄い!本人だけじゃなくてブースも分身させてるぜぇ!」

メガネが叫ぶ。
「音圧が凄い!プリティのブースの音までもかき消されているようだ!」


きっちょむ
「KAGEが押しています!理屈はわかりませんが流石のスキルです!」

プリティ
「うっ…私の歌唱能力も通じない…!どうしたらいいの…!?」
(…ここは、いっその事一か八か…!)


きっちょむ
「プリティ!服を脱ぎました!半裸になってあらわな体が!大事な所は出ていませんがすごいお色気です!」


「ヒュー!」

ストーム
「プリティ!バカな!お色気は封印したはずじゃなかったのか!」

興奮のあまり、メガネのメガネが割れる。

KAGEが見下すような目つきで呟く。
「ハッ。自分の性別を武器にするか」

セクシーな格好で歌い出すプリティ。

MARIN / NO.1 SEX



プリティ
(全く動揺しないKAGE。やっぱり…)


きっちょむ
「一時間経ちました!試合終了!プリティも歌とお色気で交戦しましたが、720と280票でKAGEの勝利!準決勝進出です!」

走ってストーム達の所へ戻ってくるプリティ。

ストームがプリティの為に着替えを持ってきている。
「服を着るんだ!着なくてもいいけど…」

プリティ
「それより!KAGEの正体がわかったわ!弱点に繋がるかはわからないけど…」
小声で皆に説明するプリティ。

皆「本当か…!!」

2020.08.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 19th スクラッチ Twitterでつぶやく

«  | HOME |  »

 


クラブDJストーム:
LBTDJイオパリッコがお送りする不定期更新WEB連載漫画です。ご意見、ご感想、あなたの考えたオリジナルDJはdjstorm@lbt-web.com(@は半角にしてください)にメールでお送り頂くか、
もしくは二人のtwitterに@をお願いします。


まとめサイトがリニューアルされました! (2013/10/08)


ネタバレ注意!



現在進行中のDMT(ダンスミュージックトーナメント)のトーナメント表はこちら!


■■■ NEWS!!! ■■■

クラブDJストーム一巻発売!

 

QRコード

QRコード

クリックお願いします!



COMIC-R
創作系サーチエンジン
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
にほんブログ村 漫画ブログへ